お位牌も通販で選べる便利な時代~比較~

ホーム > お位牌情報 > 仏壇店で購入するのが適切

仏壇店で購入するのが適切

人が亡くなり医師から臨終を告げられたら、とてもつらいことではありますが、悲しみにくれる暇もなく葬儀の準備を行わなくてはなりません。
それは、お通夜、告別式など一連の宗教的な儀礼だけにとどまるものではありません。葬儀の後は初七日など四十九日まで法要も行われます。
また、いただいたお香典に対しての香典返しの準備も必要となります。最近は亡くなって七日目の初七日の法要は火葬後に行うことがおおくなっています。

最近は、ほとんどが火葬後に初七日を行っています。
そのため、法要としては四十九日がいちばん大きなものとなり、その準備は予想以上に時間と労力がかかるとも言われています。四十九日の法要の日時が決まったら、それまでにお位牌の手配をしなくてはなりません。葬儀の際に祀られている白木のお位牌は仮位牌と呼ばれ、臨終後にすぐに作られます。
四十九日の忌明けにはお寺に納めることになっています。その仮位牌に代わって仏壇に祀られるのが本位牌と呼ばれるお位牌です。本位牌には故人の戒名や俗名、亡くなった年月日などが書かれます。納骨は済んだ後は、仏壇に向かって毎日家庭で亡くなった人を偲ぶことになります。
お位牌は毎日の供養の際に目に留まり、故人を偲ぶ大切なものとなります。

お位牌に書かれている戒名の書き方は宗派によって違います。そのため、お位牌を購入する前には、自宅の宗派の確認が必要です。
戒名の書き方も宗派がわかっていなければ聞くこともできないからです。仏壇が自宅煮ない場合には、仏壇の購入のときに一緒お位牌も購入すると良いでしょう。最近はお位牌も通販のサイトで購入できるようですが、戒名の書き方は仏壇店に直接行って聞くほうが確かです。また、お位牌は漆を塗った塗り位牌と木目が活かされている唐木位牌があります。どちらにするにも、故人に似合ったものを選ぶことが望まれます。どちらにするかを選ぶ際にも、仏具店で直接現物を見て決めるほうが失敗がないかもしれません。材質や仕上げによって金額にも差があります。その点も直接見たほうが金額に見合ったものを選ぶことができます。仏壇の購入も動揺ですが、通販サイトであれば、値段や見た目もある程度はわかるので、いろいろなものを見て比較、検討することはできます。
しかし、そう何回も購入することはない仏壇のようなものは、やはり仏壇店に行って、いろいろな仏壇を見るほうが後悔しない買い物ができるはずです。お位牌はその制作に時間がかかります。だいたい2週間は必要だとされているので、四十九日に間に合うように時間に余裕をもって注文することが必要です。
その点から見ても、お位牌の購入も仏壇店でお店の人に聞いたりしながら選ぶほうが間違いがないと言えるでしょう。

ページトップへ