採用支援をしてくれる会社の種類とその方法

採用支援サービスとは、企業がより優秀な人材を採用することができるようにサポートしてくれる会社のことです。採用支援サービスを活用する意義は、採用の専門家と一緒に採用活動に挑むことで、相乗効果を最大限に生み出すことです。採用支援サービスでは、採用マーケットを熟知したプロが、企業の現状を専門家の視点から客観的に教えてくれ、企業に有用な最先端の情報をアドバイスしてくれます。そして、ベストな採用基準を一緒に考え、入社後即戦力となり得る可能性の高い求職者の明確化を図ります。今よりもっといい採用の実現に向けて、一緒に戦略を立ててくれるサービスが採用支援です。採用支援サービスを利用することで、採用に関する高い専門性を有した経験豊富、能力や知識を十分に備えている専門家に採用のお手伝いをしてもらうことです。

採用支援をしてくれる会社の種類

採用支援サービスを利用して採用活動を外部委託する場合、どんな採用専門家に頼むのか、どこまで依頼するか、と採用支援の会社を選ばなくてはなりません。競合他社の動向、採用枠への応募者の志向トレンドを踏まえて、会社の採用戦略の立案に始まり、採用プロセスの最適化を提案してもらえたら、会社の人事担当者は応募者の審査だけに集中できますので、採用パフォーマンスが向上します。実際の人事業務で言うと、書類選考に時間がかかってしまい、候補者への連絡が遅れてしまった例や、一次面接の基準がはっきりと定まっておらず、人材の見極めが難しかったなどの課題に対して、外部委託した場合は書類選考代行、結果連絡も代行で委託でき、面接基準の明確化や面接トレーニングや面接の日程調整などの業務を代行、人事の負担を軽減できます。

選考スピードが向上し、選考の精度も向上

採用支援をアウトソーシングで採用専門の会社に依頼した場合、選考スピードが向上し、連絡遅延による機会損失を軽減することができます。しかも面接基準を社内に浸透させ、選考の精度が向上します。採用に関する選考基準を見える化し、ブレのない人選が可能になるだけでなく、候補者との連絡や面接日程調整、書類選考やデータベース化などの業務を代行してくれるサービスまでも付加すれば採用担当者の業務を軽減させ、採用コア業務への集中が可能になるのです。今まで有名インターネット求人サイト等の媒体で思うような採用につながらない、人事採用担当者の業務負担が大きすぎて、採用計画に遅延が生じている、などの社内の採用に関する問題がある場合には、採用支援専門会社で採用業務のすべて、または一部をアウトソーシングすることで解決につながります。