採用支援の会社を利用するメリット

採用支援会社とは会社の人事部に変わって、人材募集・研修・面接・採用など、幅広く人事業務を代行してくれる会社です。会社によっては、代行業務を選んで依頼できるところもあるので、面接から採用までは会社内で行うことも出来ます。今は買い手市場ではなく売り手市場となっている為、待っているだけでは優秀な人材は獲得できません。又、優秀な人材は早めに複数の内定を取得してしまうので、内定辞退もあり得るのです。その為、第2回目の採用活動もしないといけなくなり、人事部・人事担当者の業務を圧迫してしまいます。採用支援会社では様々なノウハウを持った専門スタッフが担当してくれるので人事部の負担削減になるのです。会社が今欲しい人材を伝えれば希望に見合った人材を見つけてもらう事が出来るのです。

採用支援会社のメリットは何なのか

採用支援会社によっては、自社に採用チームを立ち上げる為のコンサルティングをしてくれる所もあるので、採用代行業務だけではなく携わってくれます。採用チームを持たずに人事部だけでの対応では手が回らない買い手市場の現状ですが、採用支援会社のメリットとしては、採用のノウハウのあるプロが、その年の就職活動性の動向に合わせて採用活動を変化させて対応してくれます。採用活動のプロに任せる事で優秀な人材の獲得につながるのです。その他には、寿退社や途中退社等で失った人材を確保するのに、日々採用業務を行わなければいけない人事部の負担削減になります。人材募集と研修を採用支援会社にまかせれば人事部は面接に来た人と向き合う事ができ、優秀な人材を見極める重要な時間が確保できるようになるのです。

採用支援会社を探す時に確認する事

採用支援会社を決める時に気を付けた方が良い事は、➀マニュアルが完備していて、実績が豊富な企業➁見積りが分かりやすい➂秘密保持がしっかりしている④採用管理システムを一元管理できていて、いつでも進歩状況をシステムで確認出来る⑤自社の社内ルールに沿って営業が熱心に業務をしてくれる⑥採用支援会社の社員教育がしっかりしていて、定期的にミーティングが実施されている事だと思います。採用支援会社がしっかりしていないと安心して任せられません。何社かの採用支援会社と、どのようにプロジェクトを進めて行ってくれるのかイメージが出来るまで話し合い、システムを理解して、見積りで必要経費を確認するのが大切です。採用支援会社を決めた後は、業務をすべて丸投げするのではなく、面接の調整や面接後のフォローなど採用支援会社に丸投げではなく当事者意識を持って行う事も大切です。